何もかもが壊れる物理演算式の強盗ゲーム『Teardown』最新映像がすごい。重機で壁を突き破りロケットランチャーで風車を吹き飛ばしトレーラーで民家に突っ込んで爆発炎上とやりたい放題

 スウェーデンに住むふたりのゲーム開発者で構成されるゲーム開発会社Tuxedo Labsは、ボクセル単位でマップ内のほとんどの物体が破壊可能な一人称視点強盗アクションゲーム『Teardown』の新たなゲームプレイトレイラーを公開した。

 PC(Steam)にて2020年内に早期アクセス配信を開始予定。価格は20ドル程度を予定している。

 『Teardown』は、マップ内にある強盗のターゲットを時間内に全て集めることが目標のゲームだ。最初のターゲットを手に入れた瞬間からカウントダウンがスタートし、規定時間内に全てを入手して逃走しなければならない。

 そのために、スレッジハンマーやショットガンで壁をたたき壊し、木材を渡して簡単なはしごや橋を作るなど、まずはじっくりルートを考える必要がある。最初のターゲットに手を触れなければカウントダウンは始まらないので、落ち着いて最短最速で全てのターゲットをまわれるようにぶっ壊そう。

 ゲーム内ではターゲットを強盗するだけでなく、異なるミッションが用意されているという。また、自由に破壊してまわるサンドボックスモードや、リリース後にはマップエディターおよびMODのサポートなども約束されている。

(画像はSteam『Teardown』より)
(画像はSteam『Teardown』より)
(画像はSteam『Teardown』より)

 トレイラーを見ても分かるとおり、ボクセルベースの世界のために見た目は『マインクラフト』のようなグラフィックだが、物理演算が働いているため物が破壊される様はとてもリアルなものとなっている。重機で壁を突き破ったり、ロケットランチャーで吹っ飛ばすだけでなく、柱を壊せば支えている足場がリアルに崩れてくる現実でもありそうな描写も素敵だ。

 ほかにも煙の描写にも凝っており、火災が起きた場合は建物の中に煙が充満するが、壁を壊せばそこから煙が逃げるといった現象も起きる。

 どういった状況かは説明されていないが、嵐が来て雷が落ち、その力でマップが破壊される動画も公式Twitterアカウントで公開している。マップの破壊はプレイヤーだけでなく、自然現象でも起きるようだ。せっかく作った通り道が嵐で使えなくなったり、板で作った橋に雷が落ちて壊れた、ということもあるのかもしれない。

 スウェーデンのゲーム開発者ふたりが作る『Teardown』は、2020年後半に早期アクセス開始予定だ。ゲームに興味がある方は、Steamのウィッシュリストに入れて続報をまってほしい。

ライター/古嶋誉幸

#強盗 #重機 #トレーラー #爆発 #炎上


何もかもが壊れる物理演算式の強盗ゲーム『Teardown』最新映像がすごい。重機で壁を突き破りロケットランチャーで風車を吹き飛ばしトレーラーで民家に突っ込んで爆発炎上とやりたい放題