漫画制作アプリ『ジャンプPAINT』200万DL突破 鬼滅の刃などの素材追加

 『週刊少年ジャンプ』(集英社)公式漫画制作アプリ『ジャンプPAINT』が、200万ダウンロードを突破したことが26日、発表された。

 これを記念して同誌の人気作品内で実際に使用されている吹き出し、描き文字などの漫画素材が試せる機能である「ジャンプ素材」に、『鬼滅の刃』『呪術廻戦』『チェンソーマン』の素材が追加された。また、漫画アプリ『少年ジャンプ+』で連載中の『姫様“拷問”の時間です』を1話分まるごとペン入れの練習ができる機能も追加となった。

 集英社は「漫画家志望、新人作家の方々が、人気作の描き文字を試したり、なぞり描き練習を通じて、漫画の構成要素を学んだり、画力の向上へとつなげていただければ幸いです」と伝えている。

 『ジャンプPAINT』は、PCやタブレット・スマホで漫画が描ける完全無料漫画制作アプリ。ペン類、トーン素材、フォントなど全て無料で使用できるほか、『週刊少年ジャンプ』で実際に用いられているフォントの一部も使用可能。漫画アプリ『少年ジャンプ+』でも同アプリを利用して執筆している連載作家や投稿者が増えており、日本に限らず英語や韓国語、中国語、ロシア語など9言語で世界中に公開されている。

 また、WEB漫画投稿・公開サイト『ジャンプルーキー!』との連携機能が備わっており『ジャンプPAINT』で描いた作品をスムーズに投稿することが可能で、漫画家デビューを目指すこともできる。

#ジャンプ #漫画 #アプリ #鬼滅の刃 #週刊少年ジャンプ


漫画制作アプリ『ジャンプPAINT』200万DL突破 鬼滅の刃などの素材追加