『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター』が発売。Twitterキャンペーンや動画コンテンツ、スペシャルインタビューやコミック版も公開中

 スクウェア・エニックスは、2003年に発売されたゲームキューブ用ソフトのリマスター作品『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター』(以下、FFCC リマスター)を8月27日(木)に発売した。

 対応プラットフォームはPlayStation 4Nintendo SwitchiOSAndroidで、価格はPlayStation 4版とNintendo Switch版で税別4800円、iOS、Android版については税込2820円(製品版へアップグレードする際のアプリ内購入費用として)。なお、アプリ内購入を実行する前のiOS、Android版を含む全プラットフォームには無料体験版が用意されており、一部のダンジョンをひとりプレイや製品版プレイヤーとのオンラインマルチプレイで楽しめる。

 『FFCC リマスター』は、『ファイナルファンタジー』シリーズの外伝的作品として派生した『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル』シリーズの第1作。本作の世界は人体に有害な瘴気によって蝕まれており、人々は瘴気の影響を受けない「クリスタル」の周辺に村を形成して暮らしていた。ただし、クリスタルは年に一度「ミルラの雫」と呼ばれるもので浄化しなければ、力を失い滅びてしまう。
 プレイヤーは「クリスタル・キャラバン」の一員として、4つの種族から自らの分身となるキャラクターを作成。雫を集めるための器にクリスタルのかけらをはめこんだ「クリスタルケージ」を運びながら、瘴気に包まれた村外を冒険する。

 本作の戦闘は2種類以上の魔法を組み合わせる連携によって発動する「合体魔法」を特徴としているが、今作ではオンラインマルチプレイやクロスプラットフォームの要素への対応をはじめ、物語のサブキャラクターになりきれる有料ダウンロードコンテンツ「ものまね」や本編クリア後に遊べる高難易度ダンジョン・ボスが追加。あわせて新たなキャラクターバリエーションや装備・アイテムの追加、キャラクターボイスや主題歌2曲・ナレーションの新規収録、既存曲のリミックス版や新曲の追加などのさまざまな新要素も加わった。

(画像は任天堂公式サイト トピックスより)
(画像は任天堂公式サイト トピックスより)

 なお、『FFCC リマスター』の作品公式Twitterアカウントでは、実物の「クリスタルケージ」がもらえるTwitterキャンペーンの第3弾が9月3日(木)まで実施されているほか、スクウェア・エニックスの公式YouTubeチャンネルではヴィジュアル系エアーバンドの #ゴールデンボンバー が本作をプレイするWeb動画コンテンツ「ゴールデンボンバーがFFCCクロスプレイでダンジョン攻略」が公開中。

 また、スクウェア・エニックスのオリジナル漫画を配信するブラウザ版「ガンガンONLINE」では、月刊『少年ガンガン』でかつて連載されたコミック『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル〜はてなき空の向こうに〜』の第1話がリバイバル掲載されている。

 さらに、オリジナル版『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル』の制作主要スタッフである河津秋敏氏・青木和彦氏・板鼻利幸氏の3名へ制作当時のエピソードを聞いたスペシャルインタビューも公開されているのでこちらも要チェックだ。

ライター/ヨシムネ

『FFCC リマスター』公式サイトはこちら『FFCC リマスター』公式TwitterアカウントはこちらPlayStation 4版『FFCC リマスター』商品ページはこちらNintendo Switch版『FFCC リマスター』商品ページはこちらiOS版『FFCC リマスター』商品ページはこちらAndroid版『FFCC リマスター』商品ページはこちら

#リマスター #発売 #Twitter #キャンペーン #コミック


『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター』が発売。Twitterキャンペーンや動画コンテンツ、スペシャルインタビューやコミック版も公開中