ゲーム版「プレデター」の『Predator: Hunting Grounds』に映画そのままのシュワちゃん登場。「ダッチ’87」DLCが9月1日にリリースへ

 プレデターと人類の戦いを描く『Predator: Hunting Grounds』にて、ついに肉密度1000%の男が登場。映画『プレデター』そのままの姿の「ダッチ」ことアラン・シェイファー少佐を追加するDLCが9月1日にリリースされることが英語圏などに向けて発表された。もちろんあの頃の #アーノルド・シュワルツェネッガー 氏そのままの姿だ。

 このDLCにはグレネードランチャーを装着したM4カービン風の新武器の先行アクセス権も付属する。こちらの武器は10月までにすべてのプレイヤーも利用できるようになる。価格は明かされていないが、5月にリリースされた「ダッチ2025」が770円なので、オリジナルのダッチも近い金額になると予想できる。

 また、日本時間8月28日23時ごろにパッチ2.0が配信され、フリートライアルもスタートする。このフリートライアルの進捗は製品版にも引き継げるので、ゲームを気に入った方は購入してほしい。

(画像はPlayStation公式Twitterアカウントより)

 『Predator: Hunting Grounds』は、1人のプレデターと4人チームの人間(ファイアチーム)に別れて戦う非対称マルチプレイゲームだ。

 プレデターは装備も体力も人間より遙かに優れており、映画などでもお馴染みの光学迷彩やサーマルスコープ、プラズマキャノンで人間を狩る。対するファイアチームは4人で協力し、与えられた任務をこなして減りで脱出するか、プレデターを倒して死体を一定時間守ることで勝利となる。

 プレデターとファイアチームにはそれぞれ能力の異なるクラスが用意されており、好みの武装で戦場に立てる。ダッチや映画『プレデター2』に登場したプレデターのDLCは、異なる能力を持つ新しいクラスとしてゲームに追加される。

 マップにはプレイヤーの行く手を遮るNPCの敵も登場し、プレデターとファイアチームがお互いにただたた戦うだけのゲームにはなっていない。

(画像はPlayStation『Predator: Hunting Grounds』より)
(画像はPlayStation『Predator: Hunting Grounds』より)

 PlayStation.Blogでは、この87年のダッチをゲームに導入することが「映画『プレデター』への真のラブソング」だと自信を見せている。その後の姿を描いた「ダッチ2025」の出来もすばらしかったが、映画のファンにとって真に必要なのはこの「ダッチ’87」DLCだろう。

ライター/古嶋誉幸

#プレデター #人類 #英語 #もち #アーノルド・シュワルツェネッガー


ゲーム版「プレデター」の『Predator: Hunting Grounds』に映画そのままのシュワちゃん登場。「ダッチ’87」DLCが9月1日にリリースへ