『彼女、お借りします』OP映像のダンス話題 バケモノバケツ委員会がTVサイズ全編制作

 テレビアニメ『彼女、お借りします』のオープニング映像の一部で、ヒロインたちが踊っている“かのかりダンス”がファンの間で「かわいい」「ずっと見ていられる」と話題となっている。それを受け、踊り手兼YouTuberの2人組ユニット・バケモノバケツ委員会が、テレビサイズ全編を制作しアップデートした動画が公開された。

 “かのかりダンス”は、オープニング映像のワンシーンでヒロインたちがthe peggiesの歌う主題歌「センチメートル」にあわせて踊っている、作画「おだし」氏が考案したダンスのこと。

そして今回、アニメにも登場したサンシャイン水族館で撮影した“踊ってみた動画”が、バケモノバケツ委員会のYouTubeチャンネルで公開され「自分たちもかのかりファンとしてthe peggiesさんの楽曲で踊ることができてとても光栄です! 動画では聖地であるサンシャイン水族館を背景にOPでキャラクターたちがかわいく踊っているダンスを踊れたのもすごく楽しかったです! ぜひバケ会の動画を見ていただけるとうれしいです!」と呼びかけた。

 同作は、2017年7月より『週刊少年マガジン』(講談社)で連載中の同名漫画が原作で、都内在住のダメダメ大学生の主人公・木ノ下和也が、ある日、有料で彼氏気分を味わうことができる「レンタル彼女」(レンカノ)に申し込む。デートの待ち合わせ場所に現れたのは超絶美女・水原千鶴で、恋をしてしまう和也だったが、彼女は同じ大学に通う地味な子だった…。ほかの人に正体がバレるわけにはいかない千鶴と恋心を抑えられない和也が、時に怒られ、助け合いながら、家族や友達、元カノも巻き込んでいく“レンタル”ラブコメディー。

#ダンス #サイズ #ヒロイン #YouTuber


『彼女、お借りします』OP映像のダンス話題 バケモノバケツ委員会がTVサイズ全編制作