劇場版アニメ『鬼滅の刃』小説化、10・16発売 人気エピソード「無限列車編」

 人気アニメ『鬼滅の刃』の映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(10月16日公開)のノベライズが、10月16日に発売されることが決定した。

 『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 ノベライズ』(原作:吾峠呼世晴、著:矢島綾、脚本:ufotable )は、原作でも屈指の人気エピソードである「無限列車編」を小説化したもの。読むことで、発売日に公開される映画の世界観を楽しめるようになっている。

 『鬼滅の刃』は、2016年2月から20年5月まで『週刊少年ジャンプ』で連載していた同名漫画が原作。大正時代の人喰い鬼の棲む世界が舞台で、主人公の少年・炭治郎は、人喰い鬼に家族を惨殺されたことで生活が一変し、唯一生き残ったが鬼になってしまった妹の禰豆子を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つために旅をするストーリー。

 コミックスは現在シリーズ累計8000万部を突破する人気作品で、昨年4月から9月にテレビアニメ(全26話)が放送されると、人と鬼との切ない物語に躍動感あふれる映像などが人気を博し社会現象化した。

 テレビアニメの続編で最終話からつながる劇場版は、鬼が乗っ取った“無限列車”を舞台に、炭治郎と炎柱・煉獄杏寿郎らが鬼と戦うストーリーが展開。炭治郎たちが任された新しい任務は、煉獄とともに短期間のうちに40名以上の行方不明者を出しているという“無限列車”を捜索する。

#発売 #アニメ #小説 #エピソード


劇場版アニメ『鬼滅の刃』小説化、10・16発売 人気エピソード「無限列車編」