『エア・ギア 超合本版』9・17配信決定 作者の「マガジン」デビュー作が連載

 『エア・ギア』『天上天下』などで知られる漫画家・大暮維人氏の『マガジン』デビュー作『魔人〜DEVIL〜』が、17日より漫画アプリ『マガポケ』で配信・無料連載されている。それを記念して『エア・ギア』が『エア・ギア 超合本版』として、9月17日よりデジタル配信されることが決定した。
 『魔人〜DEVIL〜』は、1999年〜2001年に『週刊少年マガジン』と『マガジンSPECIAL』にて連載された作品で、全2巻という少ない巻数なのにもかかわらずシリーズ累計58万部(デジタル版含む)を記録。フィジカル版の単行本は現在入手困難となっていることから、読者に楽しんでもらいたい思いで、今回『マガポケ』で読めるようにした。
 また、シリーズ累計1800万部を超える大暮氏の代表作『エア・ギア』は、『エア・ギア 超合本版』となって、9月17日にデジタル配信されることが決定。『エア・ギア 超合本版』は『エア・ギア』5巻ずつを1冊にまとめた商品で、全8巻が配信される(7巻には4巻分、8巻には3巻分がまとめられる)
■『魔人〜DEVIL〜』あらすじ
いつも冷静沈着な秀才少年・出虎一八、通称“デコッパ”。彼が通う学校には、怪談じみた奇妙な噂が流れていた。異形の者どもが闇の中で蠢き、街を蝕む…。魅入られし者と導かれし者が出会い、別れ、戦う時、街は絢爛たる荒野となる。
■『エア・ギア』あらすじ
自由に空間を駆ける進化したインライン・スケート、エア・トレックを使い、街を疾走する暴風族。A・Tチーム髑髏十字軍が夜の街を席巻していた。東中最強のベビーフェイス・樹は、髑髏十字軍の罠に堕ちるが、リベンジのため、幼なじみのリンゴたちの誘いのままA・Tを手にした。憧れの空へ、誰よりも高く、迅く、そして強くなるために樹は跳ぶ。

#連載 #デビュー #漫画 #漫画家 #アプリ


『エア・ギア 超合本版』9・17配信決定 作者の「マガジン」デビュー作が連載