「バイバイ、銀さん。」“最後”の『銀魂』、空知先生描き下ろしビジュアル解禁

 “今度こそ本当に(!?)”終わることが発表された人気アニメシリーズ『銀魂』。ラストを飾る劇場版『銀魂 THE FINAL』(2021年1月8日公開)を応援すべく、原作者・ #空知英秋 氏が描き下ろしたビジュアルが20日、解禁になった。さらにストーリーは“原作のラスト”をベースに制作が進んでいることも明らかになった。
 03年12月8日から『週刊少年ジャンプ』で連載がスタートした銀魂。有名アニメやマンガのパロディで大量のモザイク処理、「終わる終わる」詐欺の連発、反省の色を見せない度重なる謝罪。テレビアニメ最終回も、話の途中で終わる暴挙でラストを迎えた。原作も、連載終了を何度も発表するもなかなか終わらず、アプリで最終回を迎えるなど、話題が尽きない作品だ。
 空知氏が描き下ろしたビジュアルには、銀さん、新八、神楽、定春、近藤、土方、沖田、桂、高杉、妙、お登勢、キャサリン、たま、九兵衛、神威、星海坊主など、総勢34人が集合。「バイバイ、銀さん。」とお別れの言葉とともに、思い出の品を青空に投げるキャラクターたちが描かれ、マダオやエリザベスの姿も確認できる。
 また、『銀魂』ファンにはおなじみの初代編集担当で、現在は『週刊少年ジャンプ』メディア担当の大西恒平氏が、最後を見届けるために担当として復帰。大西氏は「『ONE PIECE』担当して、編集長にまでなって、出世コースまい進してウハウハだったんですが、なんの因果かこのタイミングで、また最悪の戦場に戻ってきてしまいました…。責任とりたくないよ、恐いよ…」とコメント。
 さらに、昨年6月に連載を終えた空知氏について、大西氏は「最近の空知先生は、連載してないし、コロナだしで、やることないから、筋トレして、禁煙して、規則正しい生活を送って、無駄に長生きしようとしてます」と元気に過ごしている様子を明かしてくれた。

#銀魂 #解禁 #アニメ #空知英秋 #週刊少年ジャンプ


「バイバイ、銀さん。」“最後”の『銀魂』、空知先生描き下ろしビジュアル解禁