18世紀のフランスでトランプを使ったいかさまを駆使して成り上がるアドベンチャーゲーム『Card Shark』発表。失敗は死を意味するローグライク式の作品

 8月19日に公開された任天堂のインディーゲーム紹介番組「Indie World Showcase」にて、ゲームパブリッシャーのDevolver Digitalはいかさま師やトランプトリックをテーマにしたゲーム『Card Shark』を発表した。

 対応プラットフォームはNintendo SwitchとPC(Steam)。2021年発売でどちらのプラットフォームでも日本語版のリリースが予定されている。

 『Card Shark』は18世紀のフランスを舞台に、カードを使ったいかさま師が社会のトップを目指すローグライク要素を取り入れたアドベンチャーゲームだ。

 プレイヤーは町の小さなカードパーラーからいかさまを駆使して成り上がり、お金を稼いでさらにハイリスクハイリターンなテーブルに挑む。新たなトリックを身につければ新エリアへ行くことができ、さらに高い地位の人々と勝負することができる。一世一代の勝負をくぐり抜け、フランス社会のトップを目指すことになるが、いかさまがバレれば待ち受けるのは破滅だ。捕まって撃ち殺されたとしても文句は言えない。

 ゲームプレイについて多くは語られていないが、ローグライクやいかさまがバレた場合の死ということで、プレイヤーは何度も死にながら頂点へと登る階段に挑むことになるのだろう。トレイラーではカードデッキに何か細工を仕掛けるシーンも見られ、激高した対戦相手が銃を取り出すが周りの人間に止められているシーン、逆にいかさまがバレて撃ち殺されようとしていると思われるシーンが見られる。

 ゲームには希代の詐欺師、あるいは不死身の貴族サンジェルマン伯爵や彼に雇われたいかさま師、カードトリックが登場するという。

(画像はSteam『Card Shark』より)
(画像はSteam『Card Shark』より)
(画像はSteam『Card Shark』より)

 開発するのは二択で王国を運営するゲーム『Reigns』を開発するNerialと、イラストレーターのニコライ・トロキンスキー氏。そのほかのスタッフについてはNerialの公式Twitterアカウントで紹介されている。

 同じくカードを使った『Reigns』で高い評価を受けたデベロッパーの完全新作ということで、『Card Shark』もひねりの利いたゲームプレイや奇妙なストーリーに期待できる。

ライター/古嶋誉幸

#トランプ #フランス #任天堂 #トリック #NintendoSwitch


18世紀のフランスでトランプを使ったいかさまを駆使して成り上がるアドベンチャーゲーム『Card Shark』発表。失敗は死を意味するローグライク式の作品