劇場版『セーラームーン』新敵役を上田麗奈、諸星すみれ、原優子、高橋李依 “アマゾネス・カルテット”

 人気アニメ『美少女戦士セーラームーン』の25年ぶりとなる新作アニメ映画「劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』前編」(前編:来年1月8日 後編:2月11日公開)の追加キャストが18日、発表された。新たなる敵“アマゾネス・カルテット”を上田麗奈、諸星すみれ、原優子、高橋李依が演じる。
 今回発表された、セーラー戦士たちの敵デッド・ムーンサーカス団の花形である“アマゾネス・カルテット”は、強大なパワーを秘めた幻の銀水晶を奪うため、特別な力を駆使してセーラー戦士の前に立ちはだかるキャラクターたち。セーラー戦士や街の人々を苦しめる冷酷な性格とは裏腹の、個性豊かでかわいらしい姿とのギャップはファンの人気が高い。。
 花使いのセレセレ役は『鬼滅の刃』栗花落カナヲ役などで知られる上田麗奈、玉乗りのパラパラ役は『約束のネバーランド』エマ役などの諸星すみれ、軽術師の #ジュンジュン 役を『アイドルマスター シンデレラガールズ』向井拓海役などの原優子。猛獣使いのベスベス役を『からかい上手の高木さん』高木さん役などの高橋李依が担当する。
 キャストコメントは以下の通り。
■セレセレ役・上田麗奈
今回出演が決まった時は、プレッシャーを感じつつも、とてもうれしかったです。幼少期はほぼ毎日、母が購入してくれたセーラームーンのDVDでお気に入りのお話を鑑賞してましたし、観ている間は自分もセーラー戦士になったような気持ちで楽しくて仕方がなかったです。今でも多くのシーンを鮮明に覚えています。そんな夢中になっていた子どものころを思い返しながら、その時感じた気持ちを大切に、そしてしっかり届けられるように頑張りたいと思いました。
■パラパラ役・諸星すみれ
セーラームーンは誰もが知っていて、私が生まれる前から多くの人々に愛され続けてきた作品で、私自身も小さいころに家にあったセーラームーンのファミコンのゲームにかなりハマっていました。そんなセーラームーンに出演が決まったときは「光栄だな」という気持ちと、「気合を入れて臨まないといけないな」という責任感や緊張感がありました。オーディションを受けるにあたって初期のパラパラの映像を観た時からすでに彼女の魅力に引き込まれて、ぜひ演じてみたかったので、その想いが叶ったのもとてもうれしかったです。
■ジュンジュン役・原優子
小さいころにコスチュームを買ってもらって1日中セーラームーンごっこをしていたほど大好きなセーラームーン。オーディションの結果を聞いたときは本当にうれしかったです。「まさかこんな大作に出演できるなんて…!」という信じられない気持ちもあり、収録台本をいただくまでひたすらそわそわしていました。収録台本をいただいてからもう1回ちゃんとびっくりしました。(笑)
■ベスベス役・高橋李依
生まれてから最初に夢中になったテレビゲームが「美少女戦士セーラームーンS」のものでした。ケーキをデコレーションしたり、着せ替え遊びをしたり、BGMや画面も未だ脳裏に焼き付いていて。まさか自分がセーラームーンに携わる日が来るなんて、オーディションを受けられただけでも光栄に思っていたので、驚きと喜びでいっぱいです。

#セーラームーン #すみれ #アニメ #美少女戦士セーラームーン #新作


劇場版『セーラームーン』新敵役を上田麗奈、諸星すみれ、原優子、高橋李依 “アマゾネス・カルテット”