名作アドベンチャーゲーム『A Short Hike』のNintendo Switch版が海外向けに発表。映像放映後から配信を開始

 任天堂は、日本時間8月19日(水)に公開された海外向け映像「Indie World Showcase 8.18.2020」内にて、ゲームクリエイターのAdam Robinson-Yu氏が製作したアドベンチャーゲーム『A Short Hike』のNintendo Switch版に関して、映像放映後から配信開始することを発表した。なお、日本国内での配信については執筆時点でアナウンスされていない。

 『A Short Hike』は、おだやかな風景の広がる「ホークピーク州立公園」を自由に探索し、ハイキングや登山を楽しむオープンワールド形式のアドベンチャーゲームだ。2020年3月の「Game Developers Conference 2019」(GDC、ゲーム開発者会議)内で実施されているアワードイベントの第22回「Independent Games Festival Awards(IGF Awards)」では大賞をはじめ、来場した一般の投票者たちにより選ばれるオーディエンス賞も獲得。開発者と一般ゲーマーの両方から高い評価を受けている。

 なお、本作はインディーゲーム販売プラットフォームのitch.ioにて最低7.99ドルで購入できるほか、Steam、Epic Gamesストア、GOG.comでも取り扱われている。正式には日本語非対応だが有志による日本語化MODも頒布されているので、興味があればこちらもチェックしてみてほしい。

ライター/ヨシムネ

『A Short Hike』の公式サイトはこちらicth.ioの『A Short Hike』作品紹介ページはこちらSteam版の『A Short Hike』作品紹介ページはこちらEpic Games版の『A Short Hike』作品紹介ページはこちら

#NintendoSwitch #海外 #名作 #任天堂 #ゲームクリエイター


名作アドベンチャーゲーム『A Short Hike』のNintendo Switch版が海外向けに発表。映像放映後から配信を開始