『Undertale』などの作品で知られるテミー・チャン氏が7月末からバーチャルライバー活動を開始。犬のような姿から可愛らしい少女へ変貌

 トビー・フォックス氏が開発した『Undertale』『DELTARUNE』でアートデザインを務めたほか、2020年7月に自身の新作アドベンチャーゲーム『Dweller’s Empty Path』をリリースしたアーティストのテミー・チャン氏は、7月末からバーチャルライバーとしての活動をTwitchにてスタートしている。

 テミー氏といえば、自画像として描いたものを『Undertale』へカメオ出演させた「手ミー」が真っ先に思い浮かぶことだろう。しかし今回“VTuberモード”として登場したテミー氏のアバターは、犬のような見た目の「手ミー」とは異なり、花柄の帽子が可愛らしい少女のものとなっている。

 テミー氏は7月下旬、アニメーション作成技術の「Live2D」とバーチャルアバターツール「FaceRig」を使って「(自身のアバターを作り)VTuberをやってみたい」とのツイートを投稿しており、ツイートで進捗を報告しながら約8日間ほどで完成までこぎ着けたようだ。

 上のアーカイブ映像では『Getting Over It with Bennett Foddy』をプレイしているほか、Twitchチャンネルでは『Cuphead』『東方風神録 〜 Mountain of Faith.』を楽しむ様子も確認できる。

 基本的には英語での配信となっているが、配信に興味があればテミー氏のTwitterアカウントにて発信される予告を確認したうえで、実際に配信をチェックしてみてほしい。

ライター/ヨシムネ

テミー氏のTwitterアカウントはこちらテミー・チャン氏のTwitchチャンネルはこちらテミー・チャン氏のYouTubeチャンネルはこちら

#新作 #アーティスト


『Undertale』などの作品で知られるテミー・チャン氏が7月末からバーチャルライバー活動を開始。犬のような姿から可愛らしい少女へ変貌