アニメ「SAO アリシゼーション WoU」ついにキリト(CV:松岡禎丞)が復活!声優・島崎信長「おかえり、ぼくの英雄」  

 アニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」(以下「SAO アリシゼーション WoU」)第18話で、ついにキリト(CV:松岡禎丞)が復活を遂げた。


 本作は、川原礫氏による大人気ライトノベルが原作。7月より放送中の「SAO アリシゼーション WoU」2ndクールでは、《アリシゼーション》編がついに最終章を迎える。

 第18話「記憶」では、待望のキリトの復活劇が描かれた。キリトは最高司祭・アドミニストレータ(CV: #坂本真綾 )との激闘の後、現実世界と通信中に謎の衝撃に襲われて以来、心神喪失状態に陥っていた。歩くことはおろか話すことすらできないキリトだったが、無二の親友・ユージオ(CV: #島崎信長 )や恋人のアスナ(CV: #戸松遥 )たちの呼びかけによって目を覚ますことができた。

 キリトとユージオが武器を強化する神聖術“エンハンス・アーマメント”を唱えるシーンもあり、胸が熱くなった視聴者が続出したらしい。Twitter上では「マジ神すぎて終始号泣」「復活してくれてありがとう」「言葉が出てこない代わりに鳥肌と汗と涙が出てきました」「この瞬間を待ってたよ!!」など喜びの声が相次いでいた。

 ユージオ役を演じた声優・島崎信長も自身のTwitterで「おかえり、ぼくの英雄」とコメントを寄せた。また別作品の公式Twitterもキリトの復活に反応を示しており、アニメ「魔王学院の不適合者 〜史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う〜」は「よく戻ってきたな」、アニメ「魔法科高校の劣等生」も「帰ってくると思ってたよ、キリト」と、それぞれ祝福のメッセージをツイートしている。

#18「記憶」
【あらすじ】

かつてのキリトの仇敵だったエイジの善戦も虚しく、ヴァサゴに敗れる。《アンダーワールド》のはるか南では、シノンがガブリエルに重傷を負わせはしたものの、力尽きる。《アンダーワールド》中央部で死闘を繰り広げるリーファは、米国人プレイヤー軍を全滅させたあと倒れてしまう。そしてアスナは絶望的な状況下で、地面に横たわるキリトを見つめ……。誰もが彼に最後の望みを託す。しかし《黒の剣士》は、いまだ夢の中を彷徨い続けていた。

※島崎信長の「崎」は正しくは立つ崎

(C)2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

 

#アニメ #復活 #声優 #島崎信長 #ソードアート・オンライン


アニメ「SAO アリシゼーション WoU」ついにキリト(CV:松岡禎丞)が復活!声優・島崎信長「おかえり、ぼくの英雄」