『ドラゴンボール ファイターズ』に「亀仙人」が参戦決定。海外向けの配信番組にて発表、招待選手たちによるオンライン大会の開催決定も

 バンダイナムコエンターテインメントは北米現地時間8月16日(月)、海外へ向けた『ドラゴンボール ファイターズ』の配信番組「DRAGON BALL FighterZ SHOW」を実施し、番組内にて“武天老師”こと「亀仙人」の参戦を発表した。

 「亀仙人」はシーズン3の有料ダウンロードコンテンツ(以下、DLC)における第3弾の追加キャラクターとして、9月に配信される予定となっている。

 『ドラゴンボール ファイターズ』は、アークシステムワークスが開発した”ドラゴンボールファイティング”ゲーム。アニメとCGの中間にある2.5Dで繰り広げられる、まるでリアルタイムでアニメを動かしているような表現や、地上・空中で炸裂する『ドラゴンボール』らしい「超高速バトル」を楽しめる。
 2020年2月下旬より開始したシーズン3では、追加キャラクターとして「ケフラ」や「孫悟空(身勝手の極意)」が配信されている。今回公開された映像では亀仙人が「ピッコロ」に対して「魔封波(まふうば)」を使い、壺の中へ封印する様子を確認できる。

 また、番組内では、オンライン大会「DRAGON BALL FighterZ National Championship」の開催も発表された。本大会は10月から12月の期間で実施され、フランス、スペイン、日本およびアメリカ東海岸とアメリカ西海岸の5地域それぞれで招待選手8名による総当たり戦を実施。上位4名は地域優勝者を決定するプレーオフへ進出できる。

 なお、シーズン3における追加キャラクターはまだふたり残っている。DLCの情報や大会に関心があれば、『ドラゴンボール』の家庭用ゲームを取り扱う公式Twitterアカウントをフォローして続報を待ってみてほしい。

ライター/ヨシムネ

『ドラゴンボール ファイターズ』公式サイトはこちら「ドラゴンボール」家庭用ゲーム公式Twitterアカウントはこちら

#ドラゴンボール #海外 #オンライン #バンダイナムコエンターテインメント #キャラクター


『ドラゴンボール ファイターズ』に「亀仙人」が参戦決定。海外向けの配信番組にて発表、招待選手たちによるオンライン大会の開催決定も