劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」Ⅲ.spring song初日舞台挨拶

手にした者の願いを叶えるという万能の願望機「聖杯」をめぐる物語を描いた、ヴィジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』。2019年に公開された第二章[lost butterfly]は109万人を動員、興行収入は16.7億円を記録。2017年に公開された第一章[presage flower]を上回る成績を収めた本作の最終章、[spring song]が8月15日(土)より公開された。

そしてその公開初日となる2020年8月15日(土)、劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」Ⅲ.spring song初日舞台挨拶特別興行ライブビューイングが実施された。

司会を務める高橋祐馬アソシエイトプロデューサーの呼び込みによってステージに登壇したのは、須藤友徳監督、衛宮士郎役・杉山紀彰、間桐桜役・下屋則子、セイバーオルタ役・川澄綾子、遠坂凛役・植田佳奈、イリヤスフィール・フォン・アインツベルン役・ #門脇舞以 、言峰綺礼役・中田譲治、ライダー役・浅川悠。下屋はマキリの杯となった間桐桜をイメージした黒に赤いストライプが入った、本作と日本橋三越とのコラボで販売もされているドレスを着用。杉山や川澄、植田、門脇、浅川もそれぞれ演じる役をイメージさせる衣装、そして中田は神父服を着用し、手に黒鍵(言峰綺礼が使う武器)を身に着けた言峰綺礼スタイルで登場した。

ステージでは須藤監督が公開初日を迎えた安心感を告げると、キャスト陣も初日を迎えた喜びを分かちあう。話題はクライマックスのひとつであるセイバーオルタとライダー戦、[Heaven’s Feel](以下、[HF])ならではの見どころである言峰綺礼やイリヤの新たな一面、そして間桐桜と遠坂凛の姉妹関係についても及んだ。

続いて話題はエピローグに。須藤監督は「セリフの間」を大事にしつつ、Aimerが歌う主題歌「春はゆく」に物語の結末を委ねたことを明かした。やがて、ステージにはAimerが登場。第三章主題歌「春はゆく」をピアノの伴奏とともに披露した。圧倒的な歌声に会場が包み込まれ、その歌う姿を観ていたキャスト陣は大きな拍手を贈った。

最後に、須藤監督と杉山、下屋がふたたび登壇。下屋はこの『Fate/stay night』に関わってきた歳月を思い出し、こみあげる想いを抑えきれず、感極まってしまうことに。美しい涙とともに、イベントは締めくくられた。
公式HP http://www.fate-sn.com/

#Fate #舞台挨拶 #2019年 #109 #興行収入


劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」Ⅲ.spring song初日舞台挨拶