歌手LiSA、劇場版「鬼滅の刃」主題歌「炎」は「大切な人に向ける決意の歌」

View this post on Instagram

2020/10/14 #LiSA #LEO-NiNE #炎 【HP】http://www.lxixsxa.com/sp/ ⑤ 🦁NEW ALBUM「LEO-NiNE」(レオナイン)🦁 #紅蓮華 #赤い罠(who loves it?) #ADAMAS #愛錠 #マコトシヤカ など含む全13曲入りです☻ 「LEO-NiNE」ライオンのように。堂々とした。勇猛な。という意味を持つ言葉です。 9年でたどり着いた真っ直ぐなアルバムです。 このアルバムが完成して、私自身未来がもっとワクワクしてる。 未来が最高だと信じ、願うキミへの。。。というか、キミと私の歌がいっぱいつまったラブレター(CD)です。 🔥NEW SiNGLE「炎」(ホムラ)🔥 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の主題歌。 作曲は、劇伴も担当されていて、テレビアニメ版ではED from the edgeを制作くださった梶浦さん。そして、作詞は梶浦さんと私で世界に浸ったまま劇場を後にできるように制作させていただきました。大切な人に向ける決意の歌です。劇場版10/16公開です!ラブレター(CD)ゲットして劇場で浸って、ラブレター(CD)を抱きしめながらもう一度劇場に戻りたくなるよ。きっと。 #LiSA #10月14日同時発売  沢山お祝いのことば、嬉しいことば、ありがとうございます。 さまざまな形で取り上げていただいてありがとうございます。 私の2020年がやっと動き出した気持ち。

A post shared by LiSA(@xlisa_olivex) on Aug 13, 2020 at 5:20pm PDT

 歌手の #LiSA が14日、Instagramを更新し、自身が担当する『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(10月16日公開)の主題歌「炎(ほむら)」への想いを明かした。


 10月14日、3年ぶりのオリジナルフルアルバム「LEO-NiNE(レオナイン)」とニューシングル「炎」の2タイトルを同時リリースする予定のLiSA。「LEO-NiNE」は「ライオンのように。堂々とした。勇猛な」という意味を込めたタイトルだそう。「未来が最高だと信じ、願うキミへの。。。というか、キミと私の歌がいっぱいつまったラブレター(CD)です」とコメントした。

 また「炎」は、アニメ「鬼滅の刃」のエンディングテーマ「from the edge」も手掛けた梶浦由記による作曲、梶浦とLiSAの共作による作詞で生み出された壮大なバラードだ。LiSAは「作詞は梶浦さんと私で世界に浸ったまま劇場を後にできるように制作させていただきました」と振り返り、「大切な人に向ける決意の歌です」とつづった。「ラブレター(CD)ゲットして劇場で浸って、ラブレター(CD)を抱きしめながらもう一度劇場に戻りたくなるよ。きっと」とファンに呼びかけている。

 さらに今回LiSAは自身のInstagramで、2タイトル同時リリースに関する投稿を複数行ない、それらの画像全てがパズルのように組み合わさってひとつの画像に見えるよう公開。この遊び心も「インスタ映えする投稿の仕方だ!!」「わくわくする」とファンを楽しませている。

 アニメ「鬼滅の刃」は、シリーズ累計発行部数8000万部を突破した吾峠呼世晴氏による人気漫画が原作。炭売りの少年・竈門炭治郎が、鬼に変貌してしまった妹を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため、“鬼狩り”となって戦う物語だ。2019年4月より放送されたテレビアニメは社会現象とも言えるブームを巻き起こし、LiSAが歌うオープニング主題歌「紅蓮華」も大ヒットを記録。2019年末の「第70回NHK紅白歌合戦」に初出場を果たした。

#LiSA #鬼滅の刃 #主題歌 #決意 #Instagram


歌手LiSA、劇場版「鬼滅の刃」主題歌「炎」は「大切な人に向ける決意の歌」