『俺ガイル』八幡と結衣が考えるプロムとは? 第6話場面カット公開

 テレビアニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』の第6話の先行場面カットが公開された。
 第6話「あらためて、比企谷八幡はかたりかける。」は、雪乃とは別なアプローチでプロムを考えると決めた八幡。しかし、八幡が考えているプロムはあくまで雪乃の案を通すため、当て馬としての代案だった。「それ、あたしも手伝っちゃダメかな?」八幡と結衣が考えるプロムとは?
 同作は、ガガガ文庫(小学館)より2011年から刊行されている、人気ライトノベルが原作(原作:渡航、イラスト:ぽんかん(8))。ひねくれ高校生の主人公・比企谷八幡が「奉仕部」に入部して、学校一の美少女・雪ノ下雪乃らとともにまちがいだらけの青春を繰り広げていくストーリー。現在放送中のテレビアニメは第3期となる。
 また、渡航氏がBlu-ray&DVDシリーズのために書き下ろした新作文庫小説「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。‐新‐」の第1巻のあらすじが発表された。あらすじは以下の通り。
 満開の桜が青葉に変わっても、彼ら彼女らの青春は終わらない。知り合いが葉山隼人と海老名姫菜しかいない、ハードモードのクラス替えで始まった比企谷八幡の新学期。放課後に足を運ぶのは、もちろんいつものあの場所で…。変わらない日常と、少しずつだが変わっていく関係性を少しこそばゆく思いつつ、八幡はその後の「ある予定」に頭を悩ませていた。「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」3年生編、開幕。
■キャスト情報
比企谷八幡:江口拓也
雪ノ下雪乃:早見沙織
由比ヶ浜結衣: #東山奈央
一色いろは:佐倉綾音

#ガイル #やはり俺の青春ラブコメはまちがっている#小学館


『俺ガイル』八幡と結衣が考えるプロムとは? 第6話場面カット公開