アニメ「魔王学院の不適合者」魔剣大会の背後で蠢く存在と陰謀とは…第7話先行カット&あらすじ公開

 アニメ「魔王学院の不適合者 〜史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う〜」7話の先行カットとあらすじが公開された。

 同アニメは、シリーズ累計85万部突破の同名小説(著:秋/イラスト:しずまよしのり)が原作。小説投稿サイト「小説家になろう」では、1年足らずで脅威の4700万PVを記録している。
 長きにわたる闘争に飽き、平和な世を夢見て転生した暴虐の魔王“アノス”。転生後の世界では魔王学院を舞台に、あらゆる理不尽を粉砕していく。

7話「母の言葉」
【あらすじ】
「嘘つきの行く末は、地獄だ」
「皇族派がどんな罠を仕掛けてこようと打ち砕く」。そう決心したアノスは、父グスタから託された剣を手に、魔剣大会の一回戦へ臨む。また同時刻、選手控室にて己の胸元を強く押さえるレイ。いつもと様子が違うレイに対し、アノスは「首輪をつけられているな」と人質の可能性を感じ取る。魔剣大会の背後で蠢く、存在と陰謀とは一体。
【キャスト】
アノス・ヴォルディゴード: #鈴木達央
ミーシャ・ネクロン:楠木ともり
サーシャ・ネクロン:夏吉ゆうこ
グスタ:松本忍
イザベラ: #豊崎愛生
エミリア・ルードウェル:小清水亜美
公式サイト:https://maohgakuin.com/
公式Twitter:https://twitter.com/maohgakuin
(C)2019 秋/KADOKAWA/Demon King Academy

#アニメ #小説 #ライトノベル #イラスト #投稿


アニメ「魔王学院の不適合者」魔剣大会の背後で蠢く存在と陰謀とは…第7話先行カット&あらすじ公開