老舗呉服店の漫画『日に流れて橋に行く』企画展が開幕 舞台の日本橋で複製原画など展示

 漫画『日に流れて橋に行く』の企画展が7日、カルチャー体験型店舗・誠品生活日本橋で開催された。内装などを含め、誠品生活日本橋のフロア(約870坪)全体に、複製原画などを展示し、コミックス・関連書籍・オリジナルグッズなどを紹介・販売している。
 女性向け漫画誌『クッキー』(集英社)で連載中の同作は、明治末期、日本橋の老舗呉服店「三つ星」から若者たちが新風を巻き起こす物語。豪華絢爛な日越呉服店などのライバル店を相手に、経営難の「三つ星呉服店」の再建に奮闘する姿を描く。
 明治末期の東京・日本橋を舞台に、老舗呉服店「三つ星」が百貨店へと変遷していく流れを描いた作品で、今回の企画展は日本橋にある誠品生活日本橋とタッグを組んで、作品の世界観を令和の時代に再現した。
 フェア期間中、誠品生活のロゴマーク入りの藍染暖簾に加えて、「三つ星呉服店」の家紋を入れた暖簾を展示、複製原稿の展示、作者・日高ショーコ氏が描き下ろしたイラストパネルの展示や作品の参考文献とコメントを初公開している。
■店舗情報
開催期間:8月7日から9月11日まで
住所:東京都中央区日本橋室町3-2-1 COREDO室町テラス2階
営業時間:午前11時〜午後7時

#日本橋 #呉服店 #漫画 #老舗 #舞台


老舗呉服店の漫画『日に流れて橋に行く』企画展が開幕 舞台の日本橋で複製原画など展示