東京ゲームショウ、初のオンライン開催決定 9・23〜27の5日間

 新型コロナウイルスの影響で通常開催が中止となっていた国内最大のゲーム展示会『東京ゲームショウ 2020』(公式略称:TGS)が、それに替わる初のオンラインイベントを9月23日〜27日までの5日間、公式サイト上で「東京ゲームショウ2020 オンライン」(略称:TGS2020 ONLINE)」として開催することを発表した。
 内容は、9月24日から4日間にわたって、大手ゲームメーカーからインディーまで様々なゲーム関連企業・団体が、新作タイトルや新サービスなどの情報を、公式番組や、出展社が配信する番組や動画などを通じて発表する。さらに、eスポーツ大会の配信を予定しているほか、物販についての情報も出展社ページなどから発信していく。また、主催者企画によるゲームの最新トピックスが分かるオンライントークセッションなども実施予定で、これらのコンテンツは、いずれも無料で見ることができる。
 また、出展社やゲーム関連ビジネスに携わっている方々に向けたオンライン商談会を9月23日から実施。TGS2020 ONLINEが用意する「ビジネスマッチングシステム」によって、WEBミーティングやネットワーキングをスムーズに進めることができる。オンライン商談会には、出展社(無料)に加えて、ゲーム関連ビジネスに携わる方々が個人(有料)で参加することが可能。8月中旬ごろに参加者募集を開始する。
 東京ゲームショウ初のオンラインイベントとなるTGS2020 ONLINEは、あらゆる人が、ゲームを通じて先端テクノロジーがもたらす楽しさと、可能性を実感できる機会を提供していくのが狙い。オンライン上には、世界中の人が空間も時間も超えてタイムラグなくつながる世界が広がることから、ゲームがゲームを超えて、いろんな分野の未来を変えていく可能性があるとし、公式サイトでは「その喜びを、TGS2020 ONLINEでいち早く味わっていただきたいと思います。世界が注目するゲームの祭典『TGS2020 ONLINE』に、どうぞご期待ください」と呼びかけている。
 なお、出展社の募集は本日25日からスタートし、詳細は追って発表される。
 今年で30回目の開催となる東京ゲームショウの今回のテーマは「未来は、まずゲームにやって来る。」。テーマには、未来を拓くテクノロジーをいち早く、かつ最も身近に体感できるのがゲームであり、最新ゲームに触れることでワクワクできる未来がすぐそこまで来ていることを思いきり実感してほしい、という思いを込めている。
 また、次世代ゲーム機の発売を控え、世界からの注目度が一層高まることが予想され、クラウドゲーミングの本格化や5Gのサービス開始など、ゲームを取り巻く環境の進化にフォーカスするほか、新プラットフォームがもたらす、これまでにないゲーム体験を提供。加えて、教育、ファッション、アート等の産業とゲームをクロスオーバーさせ、ゲームの「新たな可能性」を体感できる場を創出すると、2月に開催概要を発表していた。

#東京ゲームショウ #オンライン #新型コロナウイルス #影響 #中止


東京ゲームショウ、初のオンライン開催決定 9・23〜27の5日間