真島ヒロ氏の漫画『EDENS ZERO』テレビアニメ化

 漫画家・真島ヒロ氏の『EDENS ZERO』が、テレビアニメ化されることが決定した。真島氏が12日、自身のツイッターで「『EDENS ZERO』のTVアニメ化が決定しました!」と発表し、「来週発売の週マガも是非チェックしてください! 詳しい情報はこれから発表していくので、続報ご期待ください!」と呼びかけた。
 2018年6月より『週刊少年マガジン』(講談社)で連載中の同作は、夢の国・グランベルで機械たちと暮らす少年・シキが、100年ぶりの来国者となる動画配信者の少女・レベッカと青猫のハッピーに出会い、惑星を超えて旅に出るSFファンタジー。
 真島氏は1998年に『MAGICIAN』で第60回週刊少年マガジン新人漫画賞入選を受賞し、『マガジンFRESH』より『BAD BOYS SONG』でデビュー。99年に『週刊少年マガジン』で『RAVE』の連載をスタートさせ注目を浴び、05年の完結後、『FAIRY TAIL』(06年〜17年)などの作品を世に送り出した。『RAVE』『FAIRY TAIL』はテレビアニメ化されている。
 また、真島氏は18年1月に「漫画におけるカンヌ」とも言われる『第45回アングレーム国際漫画フェスティバル』(Festival International de la Bande Dessinee)で特別栄誉賞を受賞している。

#ZERO #アニメ #漫画 #漫画家 #ツイッター


真島ヒロ氏の漫画『EDENS ZERO』テレビアニメ化