人気声優・鬼頭明里のライブツアー、コロナ影響受けチケット値上げ 公式「賛否両論ございますが…」

 9月から1stライブツアーを行う人気アニメ『鬼滅の刃』竈門禰豆子役などで知られる人気声優・鬼頭明里が10日、公式サイトにて新型コロナウイルスの影響を受け、チケット価格の変更を発表した。6800円から1万2000円(税別)と価格があがり、ファンから多くの意見が出る中、公式ツイッターで担当者は「今回の改定は心苦しい限りですが、皆様が目一杯楽しんで頂けるLIVEをお届け出来るよう尽力致します。宜しくお願いします」と理解を求めている。
 鬼頭は1stアルバム『STYLE』をきょう10日に発売し、9月から予定している1st LIVE TOURのタイトルが「Colorful Closet」に決定。9月22日になかのZERO 大ホールで東京公演、9月27日に堂島リバーフォーラムで大阪公演、10月3日に名古屋市公会堂で愛知公演を開催する。
 当初6800円(税別)だったが、1万2000円にチケット価格を改定したことについて、公式サイトでは「政府より発表されておりますコロナ禍におけるイベント開催の収容可能人数制限に則り、開催を行う場合の開催予算の都合の為、鬼頭明里1stアルバム『STYLE』に封入されております『チケット優先販売申込券』に記載のチケット価格より、チケット価格の改定を行わせて頂きます。ご応募をご検討の皆様にはご迷惑をおかけ致しますが、何卒、ご理解とご了承を頂けますと幸いです」と説明した。
 今回の料金改定にネット上では「料金倍か。ファンは誰も得しないやつだ。新型コロナは罪深いねぇ」「人数減らして同じ規模でとなれば、チケットの価格に跳ね返ってくるわな」「チケット代2倍はまだいいんだけど当選確率が1/2になる方がダメージデカい」「ほかのライブもこうなりそうだよね」「正直に言ったの賞賛したい」などと理解しつつも悲しみの声。
 料金改定を受け鬼頭の公式ツイッターは「当チケット価格改定において賛否両論ございますが、1点だけ皆様とのお約束として、コロナ禍が収束し日常が戻った折には必ず価格を元の水準に戻します」とし「今回の改定は心苦しい限りですが、皆様が目一杯楽しんで頂けるLIVEをお届け出来るよう尽力致します。宜しくお願いします」としている。

#声優 #ライブツアー #影響 #チケット #値上げ


人気声優・鬼頭明里のライブツアー、コロナ影響受けチケット値上げ 公式「賛否両論ございますが…」