アニメ「社長、バトルの時間です!」実は最強?ユトリア(CV:市ノ瀬加那)の意外な強さに「バトル要員だったとは」の声

 アニメ「社長、バトルの時間です!」第10話で、キボウカンパニーの社長秘書・ユトリア(CV:市ノ瀬加那)が意外な戦闘能力を発揮した。

 アニメ「社長、バトルの時間です!」は、KADOKAWAと豪華クリエイターがおくる異世界シミュレーションRPGゲーム「社長、バトルの時間です!」が原作。天空に巨大な“門”が浮かぶ都市ゲートピアを舞台に、主人公・ミナト(CV:堀江瞬)の冒険社長ライフを描いた物語だ。
 6月7日より順次放送中の第10話「企業戦士」は、ミナトとユトリアがふたりでダンジョンを探索するエピソードだった。これまで社長秘書として社員をサポートすることが多かったユトリアだが、探索中は生き生きとした様子でモンスターを次々になぎ倒していった。その実力は、「絶対に怒らせないようにしよう」と思わずミナトが呟くほど……。さらにユトリアが、過去に倒したダンジョンのボスから「姐さん」と慕われていることも明かされた。Twitter上では「かっこいいです…」「惚れる」「実はユトリアが最強かww」「秘書だけと思ったら意外と強かった」「まさかユトリアがバトル要員だったとは」といった声が上がっていた。
第10話「企業戦士」
【あらすじ】

ミネ子のおかげでキラクリ集めは順調!予定よりもはやく女神様が呼び出せそうと盛り上がる一同。そんな中、社員たちの策略によってミナトとユトリアはふたりきりのダンジョン攻略へ行くことになる。
(C)KADOKAWA・でらゲー・PREAPP PARTNERS/「シャチバト!」製作委員会
(C)KADOKAWA,Deluxe Games,PREAPP PARTNERS/SHACHIBATO PROJECT

#アニメ #秘書 #KADOKAWA #世界 #シミュレーション


アニメ「社長、バトルの時間です!」実は最強?ユトリア(CV:市ノ瀬加那)の意外な強さに「バトル要員だったとは」の声