アニメ「グレイプニル」絶体絶命のピンチを救ったクレア(CV:東山奈央)の作戦内容が衝撃!? 視聴者「えぐすぎます」

 アニメ「グレイプニル」第10話では、チームのピンチをクレア(CV: #東山奈央 )の作戦が救ったが、その作戦の内容が視聴者に衝撃を与えたようだ。

 同アニメは、武田すん氏による「ヤングマガジンサード」(講談社)にて連載中のSFアクション&ラブコメ漫画が原作。“着ぐるみに変身する”特殊能力を持った少年・加賀谷修一(CV: #花江夏樹 )は、謎の少女・青木紅愛(CV:東山奈央)と出会い、ふたりでひとつになってバケモノ同士の争奪戦に挑む。
 6月7日より順次放送中の第10話「美しい花」では、修一たちが円(まどか)率いる凶暴な収集者チームに遭遇した。「メンバーのひとりが死ぬか、全員が死ぬか」という厳しい選択を迫られた修一チームだったが、そんな絶体絶命の状況をクレアが打破する一幕があった。クレアの作戦とは、有毒植物・キョウチクトウを大量に燃やし、発生した煙に含まれる猛毒で円のチームを討つというもの。もともと冷酷な面のあるクレアだが、敵チームを全滅させることもいとわない作戦に改めて驚かされた視聴者も多かった様子。Twitter上では「えぐすぎます」「クレアの講じた策は見事だと思いました…!」「アイデアが秀逸」「流石クレアさん」「敵に回したくないな…」などといった声が続出していた。
第10話「美しい花」
【あらすじ】

修一たちが遭遇したのは、人殺しも躊躇しない凶暴な収集者のチームだった。彼らのリーダーの円(まどか)は戦闘能力も段違いに高く、修一たちはあっけなく取り囲まれてしまう。そして、円は修一たちに自分たちのチームに入りコイン集めに協力するように持ち掛ける。それと同時に、自分の仲間がやられたことについて言及し、その報復として修一たちの仲間の誰か一人を殺すと宣言する。しかもその一人は修一たち自身で選べという恐るべきものだった。
(C)武田すん・講談社/グレイプニル製作委員会

#アニメ #東山奈央 #衝撃 #視聴者 #無料


アニメ「グレイプニル」絶体絶命のピンチを救ったクレア(CV:東山奈央)の作戦内容が衝撃!? 視聴者「えぐすぎます」