本格派レースゲーム『Project Cars 3』が今夏発売。車両のアップグレードを導入しより複雑なキャリアモードや改善されたハンドリングが特徴

 『Project Cars』シリーズを開発するSlightly Mad Studiosは、同社のレースゲームシリーズ最新作となる『Project Cars 3』を発表した。対応プラットフォームはPlayStation 4、Xbox One、PC。発売は今夏を予定している。

 海外メディアPC Gamerによると、『Project Cars 3』は徐々にステップアップしていくキャリアモードとマルチプレイモードを搭載。キャリアモードでは10種の車両クラスが用意されており、経験値とインゲーム通貨を稼いで新しいパーツやイベントをアンロックする。

 また、あるイベントが気に入らなければゲーム内通貨でスキップ可能。全てのレースを順番にクリアしなくても、ほかのアップグレードやイベントにアクセスできる。このゲーム内通貨はマイクロトランザクションではなく、ゲーム内で稼ぐしかないという。経験値やゲーム内通貨はマルチプレイモードでも稼げる。

 シリーズで初の要素として、エンジンやサスペンションなどのパーツ単位で車両をアップグレードできるようになる。

 Slightly Mad StudiosのCEOイアン・ベル氏は、自身のTwitterアカウントで『Project Cars 3』は“ゲームチェンジャー”になると自信を見せ、プレイヤーの望む全ての楽しみが詰まったレースシムになると語る。ハンドリングは大幅に改善され、ゲームパッドの入力は変貌、フォースフィードバックは素晴らしくなり、キャリアモードはとても複雑なものになるという。

 『Project Cars 3』は海外フォーラムで2018年ごろから開発していることを明かしていたが、それ以外ほとんど情報が出ることはなかった。氏が絶賛するハンドリングについてTwitterユーザーからの質問に「『爆走コンボイ伝説〜男花道アメリカ浪漫〜』(英題『Big Mutha Truckers』)以来最高のハンドリングです!」とノリノリで答えるなど、ようやくゲームが発表できる喜びが伝わってくる。

(画像はSlightly Mad Studios公式Twitterアカウントより)

 なおこの発表を受けてか、Steamでは前作『Project Cars 2』が84%オフの1140円でセールが始まっている。電撃的な発表と、夏発売とやはり電撃的な発売を迎えるスピード感満載の『Project Cars 3』。本格的なレースシミュレーションゲームファンにはたまらないゲームになりそうだ。

ライター/古嶋 誉幸

#発売 #車両 #アップグレード #特徴 #最新作


本格派レースゲーム『Project Cars 3』が今夏発売。車両のアップグレードを導入しより複雑なキャリアモードや改善されたハンドリングが特徴