Steam向け日本一ソフトウェアのゲームが価格改定が実施。『ファントム・ブレイブPC』、『ロゼと黄昏の古城』が大幅値下げ

 日本一ソフトウェアは本日2020年6月2日に、Steamで配信しているPC向けダウンロードソフトの大幅な価格改定を行った。

 対象となったのは、プレイヤーのイマジネーションが戦術となる「やりたい放題シミュレーションRPG」の『ファントム・ブレイブPC』。アクションRPGイースシリーズの最新作の『イースVIII -Lacrimosa of DANA-』、日本一ソフトウェアらしい幼い女の子が冒険をする『ロゼと黄昏の古城』など、全部で12タイトルとなっている。

(画像はSteam「ファントム・ブレイブ PC」より)
(画像はSteam「イースVIII-Lacrimosa of DANA-」より)
(画像はSteam「ロゼと黄昏の古城」より)

 日本一ソフトウェアのSteamストアページはこちらから。以下タイトル一覧となるのでチェックしていただきたい。

『ロゼと黄昏の古城』
2015円→1000円
『htoL#NiQ-ホタルノニッキ-』
1000円→500円
『ファントム・ブレイブ』
1505円→500円
『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』
7110円→4000円
『世界一長い5分間』
2015円→1000円
『夜廻』
2015円→1000円
『深夜廻』
6090円→2000円
『クラシックダンジョン 戦国』
2015円→1000円
『クラシックダンジョンX2』
1000円→500円
『クリミナルガールズ INVITATION』
2015円→1000円
『イースVIII -Lacrimosa of DANA-』
6090円→4000円
『シルバー事件25区』
4055円→1000円

文/tnhr

#ソフト #日本一 #ソフトウェア #Steam #改定


Steam向け日本一ソフトウェアのゲームが価格改定が実施。『ファントム・ブレイブPC』、『ロゼと黄昏の古城』が大幅値下げ