内田理央が「鬼滅の刃」風“りおの呼吸”を明かす 「用途が限定され過ぎ~」とツッコミの声

 オタクであることを公言する女優・ #内田理央 が、吾峠呼世晴氏による大ヒット漫画「鬼滅の刃」風の“りおの呼吸”の内容を明かしたところ、ファンからツッコミが寄せられている。
 『鬼滅の刃』といえば、鬼殺隊士たちが特殊な呼吸法を使って繰り出す必殺技も魅力のひとつ。内田は6月1日、「水回りの掃除がとても苦手な私が、多分夜中に自粛中に書いたメモ。自分の名前の呼吸のダサさ卍」とオリジナルの“りおの呼吸”の内容をTwitterに投稿した。
メモは「りおの呼吸 陸ノ型 息止無双(そくしむそう)」というもので、「一時的に呼吸を止めることにより、脈拍.体温を上昇させ集中力を最大限に高めて、体と心を遮断させる。同時に外部からの刺激に対しての耐性を強める技」とのこと。集中力と防御力をアップさせる技らしく、「型発動の際は無双状態になるが、次の一呼吸で解除され5分間目眩動悸に襲われる。訓練で発動時間は伸ばせる」と続けた。諸刃の剣的な要素もなんだか少年心をくすぐられるようだが、内田は最後に「排水溝の掃除をする時に使う」と説明した。
あまりに生活感あふれる技に、ファンからは「めっちゃ用途が限定され過ぎ〜」「反動で酸欠おこしてる」「呼吸って言ってるのに止めちゃうのね呼吸笑」とツッコミを入れるリプライが寄せられた。とはいえ排水溝掃除の悩みに共感するファンもいたようで、「もはや一大事ですな…でも気持ちはすごくわかる」という声も。さらに「他の型も知りたいです。真似したい!」というリクエストもあった。今後“りおの呼吸”の他の型について明かされる日は来るのだろうか…?

#鬼滅の刃 #呼吸 #内田理央 #オタク #吾峠呼世晴


内田理央が「鬼滅の刃」風“りおの呼吸”を明かす 「用途が限定され過ぎ~」とツッコミの声