アニメ「グレイプニル」陽太(CV:寺島拓篤)はまさかの戦闘タイプ? 意外な強さに驚きの声

 アニメ「グレイプニル」第9話で、チームのメンバーである村上陽太(CV:寺島拓篤)の意外な戦闘能力が明らかになった。

同アニメは、武田すん氏による「ヤングマガジンサード」(講談社)にて連載中のSFアクション&ラブコメ漫画が原作。“着ぐるみに変身する”特殊能力を持った少年・加賀谷修一(CV: #花江夏樹 )は、謎の少女・青木紅愛(CV: #東山奈央 )と出会い、ふたりでひとつになってバケモノ同士の争奪戦に挑む。
5月31日より順次放送中の第9話「激突のマーク」では、コインを集めるため墜落した宇宙船へ向かう修一(CV:花江夏樹)たちの前に、敵の勢力が現れた。チームのまとめ役・小柳沙耶香(CV:伊藤静)が人質にとられて戦闘が避けられない事態となると、陽太が腕に紋様が入った姿に変身。修一と紅愛が手こずった敵の腕をへし折り、なんと一撃で倒してしまった。これまで紅愛をナンパするなどチャラチャラした印象が強かった陽太の意外な強さに、Twitter上では「陽太まさかの戦闘タイプか」「めちゃ強いな…」「かっこいい」「強すぎ…そしてイケメン」「本当に強かったんだな」と驚きの声が相次いでいた。
第9話「激突のマーク」
【あらすじ】

小柳はコインを集めるために、墜落した宇宙船を探し出すことを提案する。そこを目指して進む途中、敵の縄張りに入り込むが、交戦を避けて遠回りで宇宙船を目指すことになる。険しい道を進みながらも、新しいチームの交流が少しずつ深まる中で、吉岡はエレナが語ったコインに関する真実を告げるか懊悩する。敵に遭遇することなく、目的地に進んでいるかに見えた修一たちだったが、クレアがある恐るべき意図に思い当たる。
(C)武田すん・講談社/グレイプニル製作委員会

#アニメ #メンバー #講談社 #連載 #アクション


アニメ「グレイプニル」陽太(CV:寺島拓篤)はまさかの戦闘タイプ? 意外な強さに驚きの声